News

【2020年の畑仕事】11、12月編(トレンチャー編②) ~土壌改良~

もう一つの圃場のトレンチャーによる土壌改良を行っている時に雪が降ってきました。
先に溝を掘ってあったことが幸いして、溝の深さの違いはでないのが良かったです。

 

黄色のコンテナに堆肥を移して樹の近くまで持っていき土壌改良を計っていました。
コンテナの下の滑り止めの部分に雪が詰まって重く作業があまり期待通りに進みませんでした。
雪が降る前にやった方がいい作業です。
業者による埋め戻しも通常なら4日で終わるところ5日かかっていました。

堆肥業者による間違いがあり、もみ殻堆肥が搬入されてしまいました。
こちらで使っていいことになったので、早速使わせて頂きました。
ケーキを作る時のココアパウダーのようになりました。

 

もみ殻堆肥は安価で軽く土壌改良剤としてもいいものです。
注意点としては
ネズミがもみ殻が好きでそこに住むと根っこを齧られる可能性がある
そのため、多く撒くことができず、分散して撒きました。