News

【2020年の畑仕事】11、12月編(トレンチャー編) ~土壌改良~

2020年のトレンチャーによる土壌改良の変更点は

  1. 針葉樹交じりの堆肥 → バーク堆肥を使用 ※下記画像参照
  2. BMフミン → BMようりん、アヅミン、ゼオライト

堆肥はトンパックで来ました。
堆肥の施肥量は樹1本あたり33L~45Lになります。
だいたい1列(48m~60m)でトンパック2つ
化成肥料は1列(48m~60m)で20㎏ずつ入れました。
まず、1列飛ばしで行ない、様子を見ながら全列行なうか決めようかと考えています。

上画像の畑以外にもう1つの圃場も行います。