News

2019 HOCCA cider④

おはようございます!

ホッカワイナリーで製造を担当しております。

阿部です!

 

今日は瓶詰めについてお話したいと思います。

 

 

事前に拡大させている酵母とガス圧を計算した量の砂糖を入れ、瓶詰めの開始です。

ホッカワイナリーでは、瓶内2次発酵をさせて炭酸をつけているので、綺麗になったアップルワインに酵母やら砂糖やらを足していきます。

 

 

あとは酵母が均一になるように攪拌しながら瓶に詰めていきます。

 

 

ホッカワイナリーでは、まだ設備がほとんどございませんので、レイメイという手詰めの機械を使い瓶に入れていきます!!

瓶に詰めた後は規定のガス圧にあがるまで待ちます。

専用のガス圧測定器を取り付けて、数日で規定のガス圧まで上がります。

 

ここで、注意は気温です。

専用の2次発酵室があれば別ですが、ない場合は気温がとても大事になってきます。

酵母がよく動く温度が15~20度(酵母の種類によってかわる)なので、そのくらいになるようにします。

高い分には30度になっても問題ないのですが、低いのは良くありません。スタックといい酵母が活動できなくなってしまうからです。酵母が活動できないと発酵による二酸化炭素が出ないのでお酒にうまく炭酸がつきません。

 

なので、5月の後半~6月に瓶詰めをおこないました。

 

では、今日はここまで!!