News

芽欠きについて

このところ小さな異常気象が続いています。
5月の降水量は60㎜ほどで昨年と同様です。
しかし、櫛引は30㎜ほどです。
平年並みで5月は100㎜ほど降水量が欲しいところです。
この5月、6月は成長にエネルギーを使いたいので水が必要です。
黒森は潅水設備がありますので、雨は降らない方が生育コントロールがしやすかったりします。

5月中旬からは気温が寒い日がありました。
そこから一気に気温が上がり枝、葉が一気に伸びました。
少し手が追い付かない状態の中でやり繰りしています。
副枝を取ったり要らない枝を間引いたりします。
間引きが終わった後は量が多いので緑の絨毯のようになっています。

この間引きを行うことにより風通しが良くなります。
また、農薬が必要な枝葉、実にかかるようになり、ぶどうが病気にかかりにくくなります。