News

2019 HOCCA cider ③

こんにちは!!

ホッカワイナリーで製造を担当しております。

阿部です。

 

今日は濾過後の事をお話させていただきたいと思います。

濾過をする意味合いとしては、本来は酵母を取ったりするためにすごく細かいフィルターを使い濾過を行います。

しかし、シードルの場合は濾過後に新たに酵母を添加するため、今回の濾過は3ミクロンほどの粗めの濾過でごみなど大きいものを除去していきます。

 

濾過後には分析も行います。

亜硫酸の残り具合やNTU(濁度)pHなどを測定していきます。このときの分析は製成分析とは違い必要な項目のみ分析を行います。

亜硫酸がどのくらい利いていてるのか、うちではモリキュラーで亜流酸を管理してますのでpHも測定します。

また、NTU(濁度)を測り、濾過がしっかりとできているのかチェックします。

今回の濾過ではすべてのタンクで1.0以下でしたので、濾過以上に綺麗になっておりました。

そんなことあるの?と思うかもしれませんが、シードルも発酵が終わってから3回~4回ほどおり引きといわれる事を行います。オリの部分を下に沈殿させ、上澄みのみを違うタンクに移動させる。これを繰り返す事により綺麗なアップルワインができます。

 

では、今回はここまで!!

 

次回は瓶詰めあたりをお話します!!